fc2ブログ

歯磨きを嫌がるお子さまへの対処法

こんにちは。皆さんいかがお過ごしですか?

今回は小さなお子さまが歯磨きを嫌がる理由とその対処法についてお話したいと思います。
小さなお子さまがいるご家庭では悩みのタネになっている😞💧という親御さんも多いのではないでしょうか?

まず、お子さまが歯磨きを嫌がる理由として以下のことが考えられます。

【口の中を触られるのが嫌・不快】
→まだ歯磨きが慣れていないお子さんにとっては、歯ブラシが口に入るのが不快に感じてしまいますし、特に歯茎や上唇の内側にあるスジなどの歯以外の部分に歯ブラシが当たると痛みを感じやすいため拒否反応を示してしまいます。
《対処法》
→乳歯が生え始めた頃から赤ちゃん用の歯ブラシを使ったり、ガーゼで汚れを拭き取るなどして赤ちゃんの頃から慣れさせる。
また、歯磨きをする際は痛みを伴わないよう丁寧に力が入りすぎないように気を付ける。


【機嫌が悪いタイミングである】
→お子さまが眠たい時間もしくは遊びに夢中になっている時などに無理やり歯磨きしようとすると嫌がります。
《対処法》
→ご飯を食べてすぐのタイミングや、機嫌のよさそうな時に磨く習慣をつけていく。


【怒られるのが嫌】
→お子さまが歯磨きを嫌がった際に、「我慢しなさい!」と体を押さえ付けて無理やりにしたり、怒ってしまったりすると、『歯磨き=怒られる』というマイナスイメージを持ってしまいます。
《対処法》
→楽しい音楽をかけたり、おうちの方が楽しく歯磨きをする様子を見せたり、お子さまと一緒に歯磨きするなどして、なるべく怒らず歯磨きが楽しい時間になるよう心がける。


【歯磨き=楽しい】というイメージをつけていくには…??
★お子さまが好きなキャラクターや色の歯ブラシを使う。
★お子さまが好きな味の歯みがき粉を使う。
★なるべく機嫌が良い時間を選ぶようにする。
★普段から歯磨きを題材にした楽しい絵本を読み聞かせる。
★少しでも歯磨きできたら沢山ほめてあげる。
 などなど…‥

いかがでしたか?
歯磨きが大変なことではなく楽しいものになるよう、少しでも参考にしていただけると幸いです🦷✨

20230611235748a65.png
スポンサーサイト



食事をもっと楽しむために

食事を楽しむための運動

こんにちは。今回はより長く楽しく食事をするための運動を紹介します。

加齢と共に体力、筋力の低下に伴って食事に使う噛む、飲み込む力も低下してきてしまいます。
食事に使う筋力が下がっていってしまうことで栄養が十分に摂れなくなってしまいますし、口の中に食べ物が残ってしまい環境が悪くなってしまったり飲み込んだ物が肺に入ってしまうことで起こる誤嚥性肺炎というものにもなりやすくなってしまいます。

そういったものを解消するために、自宅で簡単にできる嚥下に関わる口周りや首や肩の運動を行い嚥下しやすくするための体操を紹介します。
* おなかに手をあてて、おなかが膨らむように鼻から吸って、おなかがへこむようにゆっくり口から吐く深呼吸を数回繰り返す
* 首を回す
* 首を左右に倒す
* 肩を上げ下げする
* 両手をあげて軽く背伸びをする
* 頬を膨らませたりすぼめたり2~3回繰り返す
* 舌を左右の口角を触れる(2~3回繰り返す)
* 息がのどに当たるように強くすって止め、三つ数えて吐く
* 「パパパ、ラララ、カカカカ」とゆっくり言う
* aの深呼吸を数回繰り返す

20230608161615b20.jpeg


参考元のサイトでは毎食前にやることを推奨していますが、時間がある時に少しやるだけでも変わってくると思います。
ぜひ気軽に行ってみてください!

参考元: https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/rehabilitation/enge-

何回噛んでますか?

こんにちは、よこい歯科クリニックです

みなさんは食事の時に、何回ぐらい噛んでいるか意識していますか?

よく噛むことは、食事を楽しむだけではなく、健康な体づくりにとても重要な役割があります

弥生時代は現代と比べて噛む回数が何倍も多かったそうで、1回の食事で噛む回数は4000回、食事にかける時間は約50分だったといわれています

しかし江戸時代になると噛む回数は1465回と半分以下になり、食事の時間も約22分と減ってしまい、現代においては噛む回数は620回、食事時間も約11分とさらに減少しています

その理由として現代ではファーストフードやカレー、ラーメンなど噛まなくても食べられる食事が増えた事、忙しさによる食事時間短縮の為、ゼリー飲料で食事を済ませたり、急いでご飯をかきこんだり…などが挙げられます


そこで今日は、よく噛むことの大切さを伝えるため、日本咀嚼学会の標語となった
『卑弥呼の歯がいーぜ』をご紹介したいと思います


卑弥呼の歯がイーゼ

ひ 肥満予防
「早食いは肥満のもと」とよく言われますが、よく噛むことで満腹中枢が働き、食べすぎが抑えれます

み 味覚の発達
食べ物の味は唾液の中に溶けだして、それを舌が感知することによって脳へ伝わるので、よく噛むことで唾液が増え、味を感じやすくなります

こ 言葉の発音はっきり
口周りの筋肉や顎の発達は歯並びに良い影響を与えます
噛み合わせが良くなることで正しい口の開きができるようになり、正しい発音ができるようになると言われています

の 脳の発達
よく噛むことで脳が刺激され、脳の動きが活性化され、記憶力や集中力アップに繋がります

は 歯の病気予防
唾液には歯周病菌やむし歯菌の繁殖を抑える作用があり、食べ物を噛むと唾液が分泌され、噛めば噛むほど唾液の量は多くなります

が ガン予防 
唾液に含まれるペルオキシターゼという酵素は、食物内の発がん性物質を弱める働きがあります

い 胃腸快調
食べ物をよく噛み砕くと、唾液と混ざり合って水分が増して飲み込みやすくなり、胃や腸で消化されやすくなったり、体内での消化や吸収がアップします

ぜ 全力投球
噛む、という行為は運動能力や体の様々な機能の発達にも影響するといわれています
また歯並びが良いと噛み合わせがよくなり、しっかり食いしばれるので力を発揮しやすくなります

このように「噛む」ことは身体に様々な効果があるので、食事の際には30回噛むことを目標に美味しいご飯を楽しみましょう

いつまでも自分の歯でしっかり噛んでいただくためにも、定期検診や予防治療もぜひお待ちしております
プロフィール

よこい歯科

Author:よこい歯科
FC2ブログへようこそ!
よこい歯科クリニック院長です。
みなさん楽しんでいってくださいね

リンク
最新記事
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
よこい歯科クリニック訪問者数
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード